院長紹介

院長写真

はじめまして、陽かり整骨院・院長の茂木雄介です。
当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

〇自己紹介
私は群馬県出身で小学生に上がる時に東京都世田谷区に住むことになり、そこから小学校では水泳と野球、中学校では野球、高校と大学でハンドボールと、常にスポーツを続けてきました。現在も時間がある時には出身高校のハンドボール部にOBとして顔を出して汗を流しています。いまは東京都江東区で2児のパパとして毎日慌ただしく生活しています。

 

〇この業界を目指したきっかけ
小さい頃から活発的で外を走り回っていたので大小様々なケガをしてきました。
幼稚園の頃はドブに落ちる事2回、自転車の後輪に足を挟まる、指をドアに挟む、転んで顔を打つ、など
小学校や中学生では、走って転ぶ、木から落ちる、人の振ったバットが頭にヒットする、など生傷が絶えませんでした。
高校生になり、壁を殴って右手を骨折する、ボールをよけたら左足の靭帯が切れて手術をする、ハンドボールで守備をしていた時に接触プレーで胸骨を骨折する、など大きなケガをするようになりました。
ここで大学受験を目の前にして将来を考えた時に、ケガした人を早く治して競技に復帰できるようにサポートがしたいと思った事がきっかけでこの業界を目指すことになりました。

〇治療院業界に入り・・・
大学で鍼灸を、専門学校で柔道整復師になる為の勉強をして、国家試験に合格をすることが出来ました。
整骨院に勤務するようになってからは電気をかけて、マッサージやボキボキ・バキバキといった矯正をする日々、これが普通なのだろうと当時は何も疑問に思うことなく働いていました。
しかし、いくら施術をしても良くならない、その場はいいけどすぐ戻ってしまう、と患者様の言う痛みや症状を追いかける施術を繰り返してきました。
もっと治療技術を上げようと東洋医学・西洋医学・カイロプラクティック・〇〇テクニックと、休日になると様々な治療のセミナーに参加してきましたが、思うような成果は上げられませんでした。

〇師匠と出会うまで
整骨院を転職して、妻と結婚して一人目を妊娠して妊娠後期になった時に切迫早産で約3週間入院をしました。
そこから緊急の帝王切開手術により子どもが生まれましたが、子どもは低体重だった為にNICUで1カ月ほど入院をする事になり、妻は帝王切開の痕が1年以上痛み続きました。
このときは治療家になったのに何もできない自分に対してとても無力に感じていました。
その後もセミナーを受ける事は続いていたのですが、とあるセミナーで連絡先を交換した先生のブログを拝見した時に目が離せなくなり、そのブログの内容の元となる先生の事を調べて、ブログを読み、これだ!!!と思い、勉強会の申し込みをさせて頂き、師匠と出会う事が出来ました。

 

〇陽かり整骨院の想い
当院では師匠の教えである『患者の健康と生命を第一とする』を治療理念としています。
「どこに行っても良くならない」
「どこに行けばいいか分からない」
「本当に困っている」
そんな思いを持つ、本当に困っていてどこに行っても良くならなかった患者さんを助ける為に
「痛みや症状」を追うその場しのぎの施術ではなく、痛みや症状の原因を『根本的に解決』する為の施術を行い、皆様を健康に導いていきます。

ここ江東区常盤から
・子どもの健康を守るために
・産前産後のお母さんの健康を守るために
・痛みや症状で困っている方を健康に導くために
1人でも多くの方の健康を手助けできるように、常に最善を尽くして施術をさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

プロフィール

名前
茂木 雄介
資格
柔道整復師、鍼師、灸師
出身地
群馬県
趣味
野球観戦、ハンドボール、子どもとのんびりする
略歴
大手整骨院グループに計8年勤務

当院へのアクセス情報

陽かり整骨院

 所在地
東京都江東区常盤2-10-10 レジデンスサクラ1F
電話番号
03-6666-9480
 駐車場
近隣にコインパーキングが有ります
 休診日
日曜・祝日
 院長 
茂木 雄介