起立性調節障害

起立性調節障害とは?

小・中学生に多く見られる疾患で、脳への血液が不足する為にめまい、失神、頭痛、吐き気、倦怠感などの様々な症状を引き起こします。「起立性」とあるように立ち上がった際に症状が現れます。

主な症状として
めまい、頭痛、立ちくらみ、倦怠感、動悸、イライラ、思考力低下、判断力低下、冷え性など

これらの症状は寝不足や生活習慣の乱れが原因なのではなく、自律神経のバランスが崩れることにより、血圧が低下したり、脳や全身への血液の循環が悪くなる事により起こります。

起立性調節障害は、小学校高学年から多くなり、中学~高校生に最も多く、女性がやや多いです。体調不良で不登校の学生の7割は起立性調節障害といわれています。

起立性調節障害は、症状から「うつ病」と診断されることが多いですが、抗うつ薬を服用すると、子どもによっては眠気や低血圧が起こり、かえって起立性調節障害の症状が悪化します。

起立性調節障害とうつ病の違い
・起立性調節障害:夕方から夜にかけて活動的になる
・うつ病:ほとんど1日中、気分が落ち込んで気力がなく、活動的にならない


それではなぜ起立性調節障害が起こるのでしょうか?

一般的には自律神経の機能が低下することによる起こると言われています。

小学校高学年~中学生にかけて成長期と重なり、自律神経の異常が起こりやすくなっています。
小学校高学年~中学生に多くみられるのも、この時期は第二次成長期とも重なり体の様々な機能が変化していく時期です。
そこで起立性調節障害の子どもに多く見られるのが『姿勢が悪い』という事です。

一般的な起立性調節障害の治療法は
 ・薬物療法
 ・漢方薬
 ・はり灸
 ・カウンセリング
 ・生活指導
 などがあります。

起立性調節障害の根本的な治療法は病院にはありません。
症状を緩和の為の薬を処方される、日常生活のアドバイスをされる、という位です。


陽かり整骨院の起立性調節障害への治療

陽かり整骨院では起立性調節障害によって出ている症状に対して施術をするのではなく、起立性調節障害を起こしている主な原因である『構造』と『機能』を治して根本的に改善する施術を行います。
起立性調節障害は『構造』が崩れ、『機能』が低下したことによって起こるもので、筋肉が緊張する、硬くなることが原因ではありません。

身体の構造とは、簡単に言えば姿勢です。
頭の位置が悪いことで首の骨の構造が崩れ、背骨に歪みが起こることでそこから出ている神経を圧迫することにより機能が低下をします。
そのことで筋肉に緊張が生じて、交感神経が興奮状態になり、副交感神経が機能しない事で脳や体が休まらないようになり、起立性調節障害が起こります。

当院では整骨院や整体などで行われるマッサージやストレッチ、電気治療は一切行いません
一時的な緩和やリラクゼーションを目的としたものではなく、起立性調節障害の根本原因である『構造』と『機能』を改善する施術のみ行います。
起立性調節障害を改善するのに最も重要なのは検査です。
原因を特定せずに施術を進めることは全く意味がありません。
良い検査があってはじめて良い治療をすることが出来、良い施術の成果が生まれます。

ほとんどの整骨院や整体院では身体の歪みを触診、視診の検査で判断しようとします。
この様な検査で歪みが分かる事はほとんど無いと言えます。
この様な検査も必要ですが、主観的検査のみで歪みを正確に判断する事は絶対に不可能です。

陽かり整骨院と他院との大きな違いは、提携医療機関の協力による画像検査を参考にしています。
背骨の動きや硬さ、歪みを測定する最先端の医療用コンピューターを使用して行う客観的な検査に加えて、問診、触診、視診、関節の可動域、筋力検査などを行い総合的に根本的な原因を分析し問題点を絞り込みます。

当院では【M式バックエイジングセラピー】という根本治療を行っていきます。
【M式バックエイジングセラピー】は、「せたがや整骨院」の宮沢先生に直接ご指導いただき、毎月東京で厳しい品質管理を受けて学んでいる安全・確実な根本治療です。

M式バックエイジングセラピーにて『筋肉×骨格×神経』をトリプルアプローチする事により、体の『構造』と『機能』が改善されて、自然治癒力が最大限に発揮され、起立性調節障害から解放されるようになります。

 

施術の流れ

当院へのアクセス情報

陽かり整骨院

 所在地
東京都江東区常盤2-10-10 レジデンスサクラ1F
電話番号
03-6666-9480
 駐車場
近隣にコインパーキングが有ります
 休診日
日曜・祝日
 院長 
茂木 雄介