自律神経失調症

自律神経失調症について

自律神経失調症とは実は病名ではありません。
自律神経失調症とは、病院の検査で異常が見られない症状に対して、便宜上の総称として付けられたのが自律神経失調症です。この名前が付くまでは不定愁訴症候群と呼ばれていました。

・不定愁訴とは:病院の検査を受けても器質的な疾患がなく患者が症状を訴える事
例:頭痛、めまい、倦怠感、動悸、不整脈、のぼせ、吐き気など

では異常がないのなら病気ではないのでは?と思うかもしれませんが、そうではありません。
検査で原因が分からないのは、自律神経の働きを正確に調べる検査方法がないことや、精神的ストレス、といった検査では分からない要素が多いからです。

自律神経とは?

では自律神経とは、いったい何でしょうか?

自律神経は、交感神経と副交感神経からなります。
自律神経は、無意識に働く神経であり、生命活動に関わる重要な部分の働き、これを自然にコントロールしている神経が自律神経です。

自律神経は体の内部や外部からの情報を察知して、自動的に働いてくれます。それによって人間は無意識に生きていけるのです。循環、消化、代謝、体温など、様々なものを調節してくれています。

また自律神経が病気の予防であったり、身体の自然治癒力といった免疫に関与しています。
ウイルスや細菌が侵入するすると、交感神経が優位に働き、発熱や発汗を促し、免疫力を高めます。

・交感神経は主に「外での活動を中心に担う神経」です。

交感神経の主な働きとして

・筋肉の緊張を保つ
・心臓の鼓動を高める
・呼吸を早める、瞳孔を開く
・脂肪を分解してエネルギーを生み出す
など

交感神経が活発に働くと、外で働いたり活動したりするのに適した身体の状態を作ることが出来ます。
元々野生の状況では「狩りをする」「外敵から逃げる」「必要な情報や知識を守る」「危険から身を守る」などの時に交感神経が活発に働きます。


・副交感神経は主に「内部の生体活動を中心に担う神経」です

副交感神経の主な働きとして

・胃腸の動きが促進され、消化や排泄をスムーズにする
・脂肪を蓄積する
・筋肉の緊張を緩める
・脈や呼吸を穏やかにする
・血管を広げてリラックス状態に導く
など

消化・吸収・排泄・睡眠・細胞の修復などの生体を健全に維持するための内部活動に適した身体状態がつくられます。

この2つの神経は24時間を通し、状況に応じて強弱が切り替わり、常に両方が支えあって働いていることが重要で、どちらかが強くなりすぎても様々な問題が起こります。

このバランスが慢性的に崩れてしまった状態を『自律神経失調症』と言います。
これは交感神経の活動が強まり過ぎていて、過緊張状態になっていることが多いです。

自律神経は全身の様々な器官の働きと関わる神経なので、そのバランスが崩れることでおこる症状も様々です。
その人の体質によっても自律神経失調症で目立つ症状が変わっていきます。

自律神経失調症とは?

・過度なストレス
人間関係、精神的ストレス、仕事などの社会的ストレス、環境の変化など、過剰なストレスが蓄積すると自律神経失調所になりやすいです。

・生活リズムの乱れ
夜更かし、夜型人間、夜勤、不規則な生活習慣など、人体のリズムを無視したライフスタイルが自律神経失調症を引き起こします。

・女性ホルモンの影響
女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化し続け、この変化が自律神経の働きに影響を与えます。

・環境の変化
現代の生活は適応能力が衰えやすく、社会環境の変化、人間関係や仕事などの環境の変化などへの不適応や過剰適応から自律神経失調症になる場合があります。

・ストレスに弱い体質
子どもの頃からすぐ吐く、下痢しやすい、自家中毒、環境が変わると眠れないなど、生まれつき自律神経が過敏な人もいます。また思春期や更年期、身体が弱っているときは自律神経のバランスが乱れやすくなります。

・ストレスに弱い性格
Noと言えない、感情処理が下手、気持ちの切り替えが出来ない、人の評価を気にしすぎる、人と信頼関係を結ぶのが苦手、依存心が強いなど、ストレスへの抵抗力が弱い傾向のある人も自律神経失調症に陥りやすいといえます。


一般的な自律神経失調症の治療法として

・薬物療法
・認知行動療法(カウンセリングなどの心理療法)
・指圧、マッサージ、鍼灸など理学療法
・生活習慣・食生活の見直し、規則正しい生活
などがあります。

ですが、現在の西洋医学では自律神経失調症に対して根本的に改善するすべがありません。
すべてが対症療法と言えます。

陽かり整骨院の自律神経失調症の治療法

陽かり整骨院では自律神経失調症によって出ている痛みや症状に対して施術をするのではなく、自律神経失調症を起こしている主な原因である『構造』と『機能』を治して根本的に改善する施術を行います。
自律神経失調症は『構造』が崩れ、『機能』が低下したことによって起こるもので、筋肉が緊張する、硬くなることが原因ではありません。

身体の構造とは、簡単に言えば姿勢です。
頭の位置が悪いことで首の骨の構造が崩れ、背骨に歪みが起こることでそこから出ている神経を圧迫することにより機能が低下をします。
そのことで筋肉に緊張が生じて、交感神経が興奮状態になり、副交感神経が機能しない事で脳や体が休まらないようになり、自律神経失調症が起こります。

当院では整骨院や整体などで行われるマッサージやストレッチ、電気治療は一切行いません
一時的な緩和やリラクゼーションを目的としたものではなく、自律神経失調症の根本原因である『構造』と『機能』を改善する施術のみ行います。
自律神経失調症を改善するのに最も重要なのは検査です。
原因を特定せずに施術を進めることは全く意味がありません。
良い検査があってはじめて良い治療をすることが出来、良い施術の成果が生まれます。

ほとんどの整骨院や整体院では身体の歪みを触診、視診の検査で判断しようとします。
この様な検査で歪みが分かる事はほとんど無いと言えます。
この様な検査も必要ですが、主観的検査のみで歪みを正確に判断する事は絶対に不可能です。

陽かり整骨院と他院との大きな違いは、提携医療機関の協力による画像検査を参考にしています。
背骨の動きや硬さ、歪みを測定する最先端の医療用コンピューターを使用して行う客観的な検査に加えて、問診、触診、視診、関節の可動域、筋力検査などを行い総合的に根本的な原因を分析し問題点を絞り込みます。

当院では【M式バックエイジングセラピー】という根本治療を行っていきます。
【M式バックエイジングセラピー】は、「せたがや整骨院」の宮沢先生に直接ご指導いただき、毎月東京で厳しい品質管理を受けて学んでいる安全・確実な根本治療です。

M式バックエイジングセラピーにて『筋肉×骨格×神経』をトリプルアプローチする事により、体の『構造』と『機能』が改善されて、自然治癒力が最大限に発揮され、自律神経失調症から解放されるようになります。

施術の流れ

当院へのアクセス情報

陽かり整骨院

 所在地
東京都江東区常盤2-10-10 レジデンスサクラ1F
電話番号
03-6666-9480
 駐車場
近隣にコインパーキングが有ります
 休診日
日曜・祝日
 院長 
茂木 雄介