腰痛・ヘルニア

腰痛について

現在、腰痛を有する人は約3000万人いて、日本の国民の約4人に1人が腰痛を持っている、まさに国民病ともなっています。
国民生活基礎調査によると症状別での腰痛の有訴者数は、男性が第1位・女性が第2位となっています。
ですが、腰痛は症状であって、そもそも病名ではありません。
「腰が痛い」というのは症状ですが、その症状を起こしている原因とされるものは、厚生労働省の発表によるとその85%は原因不明となっています


腰痛の原因

では、なぜ多くの方が腰痛で悩まされているのか
一般的に言われている腰痛の原因とされる問題点を挙げていきます。

腰痛の約15%が原因のある腰痛「特異的腰痛」と言われています。
これは原因が特定できる腰痛です。
・椎間板ヘルニア・・・4~5%
・脊柱管狭窄症・・・4~5%
・圧迫骨折・・・4%
・感染性脊椎炎やがんの脊椎転移・・・1%
・大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患・・・1%未満

約85%の腰痛「非特異的腰痛
これは原因が特定しきれない腰痛です。

整形外科でレントゲンやMRIを行うと「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰椎分離症・すべり省」「腰椎症」という名前の疾患がつけられますが、それが『腰痛の原因』である、という訳ではありません。
腰痛がない方を検査した際にでもヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎症がある事は多々見つかると言われています。

またヘルニアや脊柱管狭窄症などで手術をしても「痛みや症状」が取れない、またはすぐに再発をしてしまう事から、ヘルニア、脊柱管狭窄症、分離症、すべり症、腰椎症など画像検査によって確認されても、『腰痛の原因』であるか不明といわれています。原因が特定できて疼痛の症状が確実に良くなる手術などの適応の腰痛は全体の5%程度です。要するに、整形外科で根本的に治療できる腰痛は5%程度になるのです。逆にその5%の方は整形外科で手術を受ける以外の治療方法は無いとされています。


また最近では「脳の問題」や「社会的ストレス」が腰痛に関係があると注目されています。

脳の勘違い、誤作動
過去に腰を痛める経験をしたことで脳がその痛みを記憶して、腰の痛みの原因は改善したのに痛みだけが残ってしまう。病院で〇〇症と診断された為、〇〇症だから腰痛は治らない。と信じ込んでしまう事も問題とされています。

「社会的ストレス」
職場や家庭でのストレス、人間関係などが脳に影響し、脳の血流やホルモンの分泌に影響を与え、脳が常に緊張状態で体にも緊張が加わり腰痛を慢性化するとも言われています。
腰が痛いことが気になり、痛みへの不安から痛い所を常に探したり、悪い所を探そうとネガティブな思考になり腰痛を慢性化させると言われています。

脳の勘違い、ストレスが腰痛の原因なのでは、と言われているので、ストレスをためない様にする事や、アニマルセラピーなども良いとされています。また抗不安薬・向精神薬なども効果があると言われています。
他の症状で向精神薬を継続的に飲んでいる方で腰痛が無い方はほとんどいませんので、腰痛に効果があるとは言いきれません。また薬には副作用もありますし、長期的に服用を行うと腰痛を悪化する事にもなりますのでお勧めする事が出来ません。

しかし、これらが腰痛の原因だとすると椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症・すべり症、腰椎症は腰痛に全く関係ないという事になります。

では何が腰痛を起こしている原因なのでしょうか


腰痛の本当の原因とは、体の『構造』と『機能』の問題です。

構造』とは姿勢全般のことをいいます、脊柱を構成する頭部・背骨・骨盤のバランスなど
機能』とは脳や神経、血管、内臓、関節、筋肉の働きを言います。

ここでの『構造』とは腰の骨(腰椎)だけではなく、骨格全体の事を言います。
骨格は、背骨の中に神経が通り、肋骨や骨盤によって内臓が守られ、手足の骨によって体が動かされます。
この『構造』が崩れると、脳や背骨から出る神経が圧迫される事で働きが低下をします。
その結果、身体の『機能』が低下する事により、腰痛やその「痛みや症状」を引き起こします。

腰が痛い=『腰だけが悪い』
この考えが間違いであるのです

身体全体の構造が崩れることで、身体の機能が低下し、『慢性的な腰痛』になるのです。

腰にヘルニアや脊柱管狭窄症などの疾患があっても腰痛にならない方は、『構造と機能』が正常な状態と言えます。また腰椎に問題がなかったとしても『構造と機能』が低下していれば腰痛は治らないのです。
気が付かないうちに姿勢が崩れて、脳や背骨から出る神経の機能が低下する事で、身体が正常に働かなくなり、『』や『身体』の疲労が抜けず、ストレスが溜まりやすくなり、血流が悪くなり筋肉の働きも低下します。
その結果、自然治癒力『体の自分で治す力』が低下して慢性的な腰痛になる。これが『腰痛の原因』です。


一般的な腰痛の治療法

① マッサージ

腰痛の方はマッサージをする方が多いのではないでしょうか、整骨院や整体、最近ではクイックマッサージなどマッサージをしてくれる所は容易に探せます。マッサージをした後は楽に感なり肩も軽くなると思います。しかし、マッサージをして本当に良くなっているでしょうか?腰の筋肉の緊張や硬さ、血行不良は結果であり、原因ではありません。

② 電気治療

整形外科や整骨院でよく行われる物理療法です。
電気刺激を与えることで筋肉がほぐれて血流が良くなる効果があります。
神経が一時的に麻痺をすることで楽になるともいわれています。
副作用は少ないですが対症的な処置になりますので、根本的な解決にはなりません。

③ 薬(筋弛緩剤、鎮痛剤、向精神薬)

病院や市販薬などで使われます。筋弛緩剤や鎮痛剤は一時的な痛みを感じなくさせる効果があるのでどうしてもこの痛みを抑えたい、という時には使ってもいいかもしれません。
腰痛が精神的なストレスから起こっている、と病院で処方される事があります。
腰痛の原因は神経の機能低下によるものです。向精神薬は神経の働きを低下させる作用があります。
元々、交感神経が興奮をして副交感神経が低下している所に、向精神薬を使う事により交感神経も副交感神経も両方とも働きを抑えてしまう事になり、腰痛だけでなく他の症状がでる事があります。

④ 牽引治療

整形外科などでは、腰痛などに対して、以前は腰の牽引治療が整形外科では主な治療方法でした。しかし現在ではその効果があまり無いと言われており、牽引治療を行う所は少なくなっています。

⑤ はり・灸

はり・灸は考え方や施術法で効果がとても変わってきます。
痛みに対して行うもの、経絡に対して行うもの、人それぞれ違ってくるので鍼灸師が10人いれば10通りの鍼灸治療があります。それぞれ腰痛などに対しての即効性は高いと言えます。
しかし、痛みや症状に対しての対症療法になるので根本的な改善にはならないと言えます。

⑥ 姿勢矯正・骨格矯正

整骨院や整体などで行われている方法です。歪んだ姿勢を改善して正常に戻す事で腰痛が解消するという方法です。しかし、多くの整骨院や整体では姿勢や骨盤の歪みを見た目上の姿勢のみで判断していて、本当の歪みを判断する事が出来ていません。歪みを正確に判断するには病院で協力の下での画像検査、自律神経機能の測定などを行ったうえで、問診や検査などを行い総合的に判断する事が必要になります。
また、背骨をバキバキ・ボキボキするような治療は危険で、歪みはより酷くなるので絶対に行ってはいけない方法です。

あなたはこれまで、上記のような方法で腰痛の治療を行ってきたのではないでしょうか
なぜ、このような治療を行っても「痛みや症状」が改善しなかったのか
その理由は、腰痛の本当の根本原因を治療できていないからです。

例えば、患部をマッサージする、電気をかける、はり灸、姿勢矯正をすることで、腰痛を起こしている原因は改善するでしょうか?

これらの治療法は、どれも腰痛の一時的な軽減や緩和が目的で、痛みの根本的な原因を改善し、「健康的な痛みの起こらない腰の状態に導く」ことをしていません。

その為、一時的に痛みが軽減しても痛みが再発する恐れがあり、根本的な改善にはならない
という悪循環になってしまっているのです。

陽かり整骨院の腰痛・へルニアの治療法

陽かり整骨院では腰痛を一時的に緩和させるのではなく、腰痛の原因である『構造』と『機能』を治して根本的に改善する施術を行います。
腰痛は『構造』が崩れ、『機能』が低下したことによって起こるもので、筋肉が緊張する、硬くなることが原因ではありません。

身体の構造とは、簡単に言えば姿勢です。
頭の位置が悪いことで首の骨の構造が崩れ、背骨に歪みが起こることでそこから出ている神経を圧迫することにより機能が低下をします。
そのことで筋肉に緊張が生じて、交感神経が興奮状態になり、副交感神経が機能しない事で脳や体が休まらないようになり、腰痛が起こります。

当院では整骨院や整体などで行われるマッサージやストレッチ、電気治療は一切行いません
一時的な緩和やリラクゼーションを目的としたものではなく、腰痛の根本原因である『構造』と『機能』を改善する施術のみ行います。
腰痛を改善するのに最も重要なのは検査です。
原因を特定せずに施術を進めることは全く意味がありません。
良い検査があってはじめて良い治療をすることが出来、良い施術の成果が生まれます。

ほとんどの整骨院や整体院では身体の歪みを触診、視診の検査で判断しようとします。
この様な検査で歪みが分かる事はほとんど無いと言えます。
この様な検査も必要ですが、主観的検査のみで歪みを正確に判断する事は絶対に不可能です。

陽かり整骨院と他院との大きな違いは、提携医療機関の協力による画像検査を参考にしています。
背骨の動きや硬さ、歪みを測定する最先端の医療用コンピューターを使用して行う客観的な検査に加えて、問診、触診、視診、関節の可動域、筋力検査などを行い総合的に根本的な原因を分析し問題点を絞り込みます。

当院では【M式バックエイジングセラピー】という根本治療を行っていきます。
【M式バックエイジングセラピー】は、「せたがや整骨院」の宮沢先生に直接ご指導いただき、毎月東京で厳しい品質管理を受けて学んでいる安全・確実な根本治療です。

M式バックエイジングセラピーにて『筋肉×骨格×神経』をトリプルアプローチする事により、体の『構造』と『機能』が改善されて、自然治癒力が最大限に発揮され、腰痛から解放されるようになります。


施術の流れ

当院へのアクセス情報

陽かり整骨院

 所在地
東京都江東区常盤2-10-10 レジデンスサクラ1F
電話番号
03-6666-9480
 駐車場
近隣にコインパーキングが有ります
 休診日
日曜・祝日
 院長 
茂木 雄介